データ通信と音声通話のどちらを重視するかを真剣に考えよう

格安sim比較
スマートフォンの料金を大手携帯電話会社を利用したままで節約しようとしても、月6000円を切ることは難しい状況にあります。スマートフォン本体を一括購入することで、2年間限定で通信料金からの割引により月額料金を5000円以内に抑えることが出来たとしても、3年目からは通常料金に戻ってしまいます。

通話が多い人や、データ通信量が多ければ、更に通信料金が膨れ上がり通話定額プランを選択して大容量データ通信契約をすると、月1万円を超えてしまうことも珍しくありません。

格安simを計画的に利用すると、月5000円を切る使い方も実現可能になります。普段のスマートフォンをどのように使用しているか、具体的な利用シーンから無駄を削る工夫を考えてみると良いでしょう。

通話定額プランを使わなければ、通話料が3000円を超えてしまうような携帯電話の使い方をしている場合、通話はガラケーに戻して通話定額プランをフル活用すれば、電池持ちも良く安定した通話に適しています。今まで使用していたスマートフォンを格安simに切り替えることで、データ通信専用端末として利用すれば、月1000円から2500円程度の料金プランで賄えます。

通話はガラケーで行い、データ通信はスマートフォン用に契約したデータ通信専用の格安simで行なえば良いわけです。

通話を殆どしない場合や、SNSアプリを利用した無料通話で済んでしまうならば、MNP制度を利用して電話番号ごと音声通話付きの格安simに乗り換えてしまうと良いでしょう。

通話機能が付いていても、月1500円台からデータ通信契約容量次第で利用可能です。格安simに参入する会社が増えているので、各社の通信料金プランを比較検討すれば、自身に最適な契約プランを持った格安simが見つかるでしょう。

大手携帯電話会社が提供している料金プランでは、利用者により不要なオプションサービスが最初から付属しています。携帯キャリアメール、スマートフォン本体の店頭修理取次サービスや携帯キャリア決済などのサービスを必要としていなければ、最初からこれらのサービスを提供していない格安simでも十分です。

大手携帯電話会社から通信帯域を一括購入して運営しているわけですから、格安simも同じ携帯電話通信網を利用しています。データ通信契約だけであれば、最低利用期間を設けていない格安simが多いので、2年単位の自動更新契約により携帯電話会社を自由に乗り換えられなくなることもありません。

携帯電話に対して、データ通信と音声通話のどちらを重視した契約を結びたいのか、一度冷静に契約内容を見直してみると気付くことがあるでしょう。

一番安い格安simメーカーは?